ご飯食べたのにまだ食べたくなる?過食を防ぐおすすめの方法を伝授!

こんにちは。のあです。

 

今回はついつい食べたくなる欲を

防止する方法をお伝えします!

 

 

これを知らないと、

 

毎日食べ過ぎてしまう習慣から抜け出せなくなり、

せっかく痩せた体重も元に戻ってしまい、

ますます自分に自信が持てなくなります。

 

 

皆さんはご飯を食べた後でもどこか口寂しくて

何かを食べてしまうときはありませんか?

 

私も最近その状態が毎日続いていました。

ご飯しっかり食べたのに、まだ何か食べたい。口寂しい。

 

 

 

 

そしてお菓子だったりアイスだったり、

それも少しではなくかなり食べてしまう。

毎日そんな状態でした。

 

勿論そんな生活を毎日続けていればカロリーが増える一方ですので、

せっかく痩せた体重も気が付けば4㎏戻ってしまいました…。

 

 

 

 

そして食べてしまった罪悪感で、心身ともにストレスがかかり、

さらに食べてしまうの繰り返しになるので、

せっかく痩せてもリバウンドしてしまいます…。

 

そんなことは避けたいですよね。

 

辞められるなら辞めたい。でもどうしていいのか分からない。

 

 

 

そこで、過食を防ぐために実践した方法を3つお伝えします。

 

 

・軽いスクワットをする

 

どうしても食べたくなったときは、スクワットを10回してみましょう。

軽い運動をすることでリフレッシュが減り、過食の予防につながります。

ウォーキングやストレッチなどもおすすめです。

 

スクワットのイラスト(女性)

 

・ながら食べをやめる

 

ついテレビやスマホを見ながら食べていませんか?

ながら食べは食に意識が完全に向いていないので、

噛む回数が減ったり、食べる量を忘れがちに。

 

気が付いたときにはポテトチップス1袋全部食べてしまっていた…

なんてことはよくあります。

 

食事の時は食べることに集中しましょう。味わって食べることができるので

噛む回数も自然と増えて、満足感が得られやすくなります。

 

パソコンの前でご飯を食べる人のイラスト(女性)

 

 

・食後すぐに歯を磨く

 

一度歯を磨いた後にお菓子が出てきたとしても、

「もう歯磨いたからいいや」となり、それ以上食べることを防げます!

 

歯磨きは毎日の習慣になっている人が殆どですので、

面倒くさがりな方でもおすすめです。

 

歯を磨いている女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

 

ちょっとした習慣の積み重ねが大事

 

ダイエットは毎日の習慣が非常に重要です。

食事管理も大事ですが、食後の習慣も大事です。

 

ささいなことでも積み重ねていけば、だんだんとダイエットをしている感覚も

なくなり、それがあなたにとって普通の習慣となってきます。

習慣化すれば、頑張らなくてもダイエットができるようになりますよ。

 

元気な女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや